2017.02.26

海にギターを預けてきました。『海からの電話』


『海からの電話』

音楽学校の学生、松原さんはギターを持って海に行きました。
誰ひとりいない海辺の砂浜に買ったばかりのギターを置いて、
ほんの少し、たった五分か十分昼寝をしたのです。
はっと目を覚ますと、もうギターは壊れていました。
ギターの弦、六本すべてが切れていたのです。

「だれだ!こんなことをしたのは」
誰もいないはずの海辺で松原さんは大声で怒鳴りました。
すると、思いがけず近くから、小さな声が聞こえました。
「ごめんなさい」

そして、あとからあとから沢山の声になっていったのです。
「ちょっと触ってみただけなんです」
「壊すつもりなんかひとっつもなかったんです」
「僕たちも音楽をやってみたかったんです」

砂の上をよくよく探してみると、それは沢山の小さなカニたちでした。



gg.jpg


安房さんの作品には楽器がよく出てきます。

オルガンやトランペット、バイオリンやハーモニカなんかも。
そして、時には歌を歌っていたりもします。

安房さんが楽器をやっていたという記述は記憶にないのですが、
きっと音楽がお好きだったんだろうなと思うのです。

それから、これは何となく感じていたことなのですが、
安房さんの文章はリズム感があるなと思っていました。
人によって感じ方は様々だと思いますが。
うまく伝えられないのですが、声に出して読んでみると
その感覚は顕著に感じられて、読み進むのがなんだか楽しいのです。
「あ、コレコレこの感じ」っていう自分にしか分からない感覚なんですけれど。
そう思うと文章を書く事と音楽の繋がりは深いように思ったりもします。

安房さんご自身は言葉や文章のリズムを大切にして、
それを意識して書いていらしたのかなと思うときもありますが、
それは私の想像の範囲内で、今となっては知る由もありません。

昨日、2月25日は安房さんのご命日でした。
ご健在であったならどんな作品をお書きになっただろうと、
思わないこともありません。
でも、遺してくださった作品があります。
まだまだ知らない作品が沢山あって、それを読む楽しみがあります。

それに今まで読んだ作品も、読み返すと内容を知っているはずなのに
新たな感想や感動が生まれる時があります。
この感覚は文筆に限らず、音楽もそうだなと思ったりします。

新しい作品に触れられなくなったら、
いつか飽きてしまうのだろうかとか、
いつか忘れてしまうのだろうかと思ったこともありました。
でもそんなことは全くなくて、
何度読んだって、何度聴いたって感動が薄れることは無いのです。

作品に出会え、共感して惹かれたことに、ただ感謝しています。




この記事へのコメント
本当に。ご存命であれば……、は私も思います。
今のこの時代に、どんなファンタジーを届けてくれただろうか、と思います。
残された作品が色褪せることなく、私達を楽しませてくれている、というのはありがたいことですよね。
Posted by うきょう at 2017.02.27 22:39
うきょうさん
いつもありがとうございます。
作品に出会えたことを嬉しく思います。
学校教材に使用されているとは言え、まだ安房直子さんを知らない人たちがたくさんいます。そんな中にも「あっ、こんなお話好き」って思ってくれる人と作品が出会ってくれたらいいなと思いながらブログを書いていきたいです☆彡

Posted by すきっぷ at 2017.03.01 20:47
こんにちは。
松岡享子さんが、選書の自分だけの評価基準として、
1)最初の1ページを必ず声に出して読み、耳に心地良い文体か、日本語がどんな風に聞こえるか

2)この本は子どもたちが持つ人間に対するイメージをプラスにするか

と述べられていました。
安房直子さんの日本語は美しいですよね。
言葉の選び方の美しさ、そしてリズムの美しさ。
どんどん日常会話の美しさが失われていく中で、安房直子さんの文章を読むとほっとします。
Posted by Shino at 2017.03.03 00:02
こんにちは。
松岡享子さんが、選書の自分だけの評価基準の一つに、
“最初の1ページを必ず声に出して読み、耳に心地良い文体か、日本語がどんな風に聞こえるか”
安房直子さんの日本語は美しいですよね。
Posted by Shino at 2017.03.03 00:03
Shinoさん
いつもありがとうございます。
耳に心地良い文体かと言うのは、すごく分かりますね。
最初は目で活字を追っていくのですが、なんとなくリズムを感じられて、声に出していくと耳障りが良いのに気づきます。
安房さんの言葉使い良いですよね。
安房さんの物語に出てくる動物たちの丁寧な言葉使いが好きです。
Posted by すきっぷ at 2017.03.04 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク