2015.12.10

せんせい、早く「ひみつ」を取り出して下さい!『鳥』


『鳥』

夏の夕方、腕が良いと評判の耳のお医者さんの診療所に
聞いてはいけなかった「ひみつ」を
日が沈むまでに大急ぎでとって欲しいと
一人の少女がかけこんで来ました。

その秘密とは少女が好きになった少年は
魔法をかけた実を食べて人間になった鳥で、
その秘密を誰かが知ってしまったら
日が沈むと少年は鳥に戻ってしまうのだというのです。

少年に実を食べさせた魔法使いは少女に言いました。
「あんたが話を忘れられるか、腕のいい耳のお医者に
ひみつを取ってもらえたら話は別だけどね」と。

だから少女は耳にコトンッと落ちてしまった「ひみつ」を
取り出してもらおうと慌ててやってきたのです

少女の話を聞いて耳の中を覗くと、確かに何か光るものが見えたのです。
それは白い一輪の花のようでもありました。


kamome.jpg

少女と少年の悲恋と思いきや、最後に素敵な秘密が少女に用意されていました。
私は安房さんのこういうさりげない優しさが好きです。

私が一番惹かれたのは「耳のお医者さん」でした。
「秘密を取ってください」なんていう突拍子もない少女の話。
バカにせず、真剣に向き合ってくれたから、
少女の耳の中の秘密にも気づいてあげられたのだと思います。

そして、少女が去ったあとの思いがけない素敵な真実。
それを少女に知らせるためにお医者さんは外へ飛び出していきます。

「教えてやらなきゃいけない!」
そうさけぶと、お医者さんはそとへとびだしました。
夕暮れの道を、いちもくさんに走りました。
少女の耳の中に、もうひとつの、すてきなひみつをいれてあげるために
一心に、追いかけていきました。


私は、この最後の追いかけていくくだりが一番好きです。
私だったらたった一度きり会った人のために
こんなふうに真剣に向き合えるだろうかと思うと、
お医者さんの優しさが溢れているような気がして
いつもこの場面で泣いてしまいます。


『なくしてしまった魔法の時間 安房直子コレクション』に収録されています。



スポンサードリンク